生命保険 比較をする際に知っておきたいこと

生命保険の種類は機能別に大きく三種類に分かれています。
1.死亡保障、2.医療保障、3.老後、貯蓄保障です。

死亡保障には、一定の期間内に被保険者が死亡した場合のみ保険金が支払われる「定期保険」、一生涯死亡保障が適用される「終身保険」、終身保険に定期保険をつけた「定期付終身保険」、その他「変額保険」「無選択終身保険」があります。

医療保障には、病気やけが、入院の際に保険金が支払われる「医療保険」や「がん保険」、事故によってけがをしてしまったり、死亡してしまった際に保険金が支払われる「傷害保険」、自営業やサラリーマンの方向けの「所得補償保険」があります。

老後、貯蓄保障には、被保険者が一定の期間内に死亡してしまった場合、もしくは、死亡せずに満期を迎えた際に、同額の満期保険金が支払われる「養老保険」、老後に年金が支払われる「個人年金保険」、「変額個人年金保険」、「学資保険」などがあります。

生命保険 比較の際には、民間の保険会社をはじめ、国が実施している簡易生命保険などを調べて、自分に合った保険を選ぶことが肝要です。
生命保険には、上記のように様々な種類の保険があり、「知り合いにすすめられるままに入る」といったことをすると、自分に必要のない保障がついていたり、逆に自分に必要な保障をつけていなかったりという事にもなりかねません。

とはいえ、保険会社や保険のプランの数は膨大ですので、自分一人で生命保険 比較するのが難しい方も多いでしょう。
現在は、保険の無料相談をしている保険代理店が多くあります。
無料でプロのファイナンシャルプランナーに、自分に最適な保険を選ぶ手助けをしてもらうのも一つの手でしょう。